沿革

昭和22年7月1日

東京都渋谷区猿楽町に創業者・故小川 海光が小川優機製作所を設立

電話用部品、通信機、計測器、光学機器部品のプレス加工を開始

昭和33年~

大手コネクターメーカーの要請によりタブ端子並びに端子盤の製造。

製品技術管理、品質管理に特に留意し、過酷な条件にも耐えうる材質の選定、導電率の良さで各取引先からの高い信頼を獲得。

電機業界、自動車業界の需要急増に伴い家電機器、軽電装置、配線コネクターとその用途が拡充。

昭和35年10月1日

法人組織(有限会社)に改組

代表取締役に小川 海光が就任

昭和36年~

製品の量産化に移行

昭和42年3月

横浜市保土ヶ谷区坂本町250-1に工場を新設

弱電機器関係端子板および特殊端子板の量産化

アンプ端子の圧着加工および組立加工を開始

昭和50年11月~

大手コネクターメーカー協力工場として本格的にストリップターミナルのカッティング加工をスタート

昭和60年11月

横浜工場近隣地にカッティング専用工場として第二工場を新設

平成元年10月14日

代表取締役に小川 安一が就任

平成2年12月5日

有限会社から株式会社に組織変更

平成8年9月

第二工場敷地内に増築し、全社統合

平成14年7月 異業種ビジネスの新規食品機械(干瓢巾着結び機械)を開発
神奈川県の中小企業創造的事業活動認定業者に
(工振第14-50号、平成14年12月5日認定)
食品機械設計製作(干瓢結び機械 特許申請等)
平成17年4月 ロボット開発事業開始
平成20年4月22日 実用新案登録第3143091号「吸着装置」を出願
平成21年1月26日 上記パテント品「ハンディ電動吸着パッド(吸着パワーハンド)」の
開発モデルの販売開始の記事が日刊工業新聞に掲載
平成21年4月22日 神奈川県経営革新認定を取得(神工振第2009.4.14号0005)
テーマ:ビル窓清掃ロボットの開発・製造・販売(新規事業)
平成22年6月25日 「神奈川県中小企業研究開発助成金」を取得
開発品:吸盤戦士「のぼる君Ⅰ」(高所作業ロボット用壁面走行ユニット)が完成
平成23年6月29日 H23年度「神奈川県中小企業研究開発助成金」を取得
平成23年11月 開発品:吸盤戦士「のぼる君Ⅱ」(高所作業ロボット用タイル壁面走行ユニット) が完成
平成23年12月

サービスロボット実証実験支援事業取得

平成25年9月 H24年度補正予算ものづくり助成金を取得
平成25年12月 3D CAD導入
平成26年1月 3Dプリンター導入
平成26年6月

H25年度「取引環境改善改善型需要開拓支援事業」助成金を取得

(からくり工房)

平成26年7月

開発品:吸盤戦士「のぼる君Ⅲ」(高所作業ロボット用壁面走行ユニット)が完成

平成26年11月 ロボドリル、CAM導入