デジタルメカ工房



OGAWA優機は、お客様により良い貢献をするため、電子機器の受注生産からロボット事業の研究開発まで、常に技術イノべーションに努めてまいりました。

2014年からは、種々の部品や製品の企画から組立までを、一貫して革新的に推進するために、最新技術による設計ノウハウの習得、それに伴う設備機器を導入し、新たに「デジタルメカ工房」部門を開設しました。試作品だけではなく、完成品の受注も承りますので、先ずはお気軽にお問合せください。


デジタルメカ試作とは

3次元CAD上でメカの動作を検証し、そのまま動作機能に適したCAMによるマシニングなどで複数の部品の加工・組立を行い、試作品を製作します。樹脂から金属系まで幅広い材料に対応いたします。

 

また、既存のアナログ手法と比べて以下のようなメリットがあります。


  • スピーディーに試作品を制作
  • 試作品材料の検証・検討・選択が、適切かつ容易
  • 作業効率が優れているため、コスト率が改善
  • 立体的な設計で、試作品の形状などを視覚的に捉えやすく、分かり易いプレゼン紹介に役立つ

専任技術者による一貫対応

企画段階から組立・完成までを専任の技術者が一貫して対応いたします。

それによりお客様のご要望に「柔軟」かつ「確実」に対応することができ、完成度の高い試作品の製作が可能となります。

 

試作品を作るのは初めて、どんな材料を使えば良いのか分からない、詳細な図面がないというお客様でも安心してお任せください。


導入設備

マシニングセンタ(3次元形状の切削加工)

    機種名:ロボドリルα-D14MiA5

   メーカー:ファナック株式会社

3Dプリンター(3次元形状の積層造形)

     機種名:Replicator2X

    メーカー:MakerBot;USA


試作品の製作例

  • 医療機器、関係部品
  • 金型、加工機器、ネジなどの小物類
  • ビルなどの建設関連機器、交通インフラ設備などの検査機器
  • 産業またはサービス目的のロボット研究開発に関わる機器、部品
  • 省エネ関連の各種開発機器、検査機器

 

幅広い分野からの、多様な機器・部品の試作品のご要望に対応しております。 

※ OGAWA優機「デジタルメカ工房」事業は、平成26年度に中小企業・小規模事業者の振興と経営の安定に寄与することを目的とした、 取引環境改善型需要開拓支援事業 (ものづくり・商業・サービス革新事業)の補助金にて新たに「一気通貫受託開発事業」として展開してきました。